コロナ禍の結婚式において両親と話しあっておくべきこと!

新型コロナウィルスの流行とともに、ご結婚に関するお問い合わせ内容も日々変化しております。

 

先日ご来店いただいてお二人は、
「結婚式は挙げたいけど両親はコロナの感染も心配だし、小さくでいいのでは?」

とあまり乗り気ではない風に言われ、どうしたらいいか分からないということでした。このような状況のカップルさんも少なくないと思います。

 

 

 

そこで今回は、ご両親様にもご納得いただける対策をいくつかご紹介したいと思います。

①ご結婚が決まったらまずお二人がどのような考えでお式を検討されているか話してみましょう

我が子の晴れ姿を見なくて良いという親はいないと思います。きっと心のどこかで楽しみにしているはず!ですが、コロナ禍ということもあり、ご両親様はお二人の大切な日に何かあってはいけないと心配されているはずです。

そこで、まずはお二人がしっかり感染予防についても考えていること、そして状況によっては招待客の縮小、または家族婚等も考慮されているなど、安心していただけるようお話されてみると良いと思います。日々変化していく新型コロナウィルスの状況ですので断言することは難しかもしれませんが、あらゆる手段があることをお話していただければと思います。

またその為の情報等は私どもブライダルカウンターでも詳しく現状や、やり方についてアドバイスさせていただけますので、ご相談いただければと思います。

 

 

 

②ご両親様はどのようなカタチでお式を望まれているのか

「子育て最後の儀式」ともいわれる結婚式。結婚が決まったと知らされてご両親様はきっと色々お式に対して夢もあるかと思います。コロナ禍の結婚式ということも踏まえ、ご両親様の意見も事前に伺っておきましょう。そのうえでお二人で話合い、ご両家がご納得される形でお式を決めて頂けれると、より良い当日を皆さまで迎えて頂けることでしょう。

お二人だけで決めてしまい、事後報告になってご両親様に反対されると、きっとお二人も悲しくなるので、ぜひ事前に話合いましょう。また、時期やご親族人数等についても話合われておくと、カウンターにお越しいただいた際にスムーズにお話を進めることが可能です。

 

③様々な事態を想定し、招待するゲストやお式をどのようにするか

この先、新型コロナウィルスの流行がどのように変化してくるか誰にもわかりません。

よって、急遽招待客を縮小するとなった場合、ご親族様やご友人様はどこまで招待するのか、また、どのような状況なったらキャンセルも視野に考えていくのか、など事前に話合いをされおくのも良いかと思います。直前になってご両家で意見が分かれたり、キャンセルを悩むとモチベーションも下がり、悲しい思いすることになるかもしれません。ですが、事前に様々な計画を立てていれば気持ちの面でも整理がつきやすいかと思います。

 

 

このように、ご両親様はきっとお二人に素敵なお式を挙げて頂きたい気持ちでいっぱいだと思います。

しかし、新型コロナウィルスの影響を受け、お式をすることによってお二人に悲し想いをしていただきたくないと心配されているのも事実です。

ぜひご結婚が決まられたら、お二人だけでお話を進めずご両家のご両親様ともご相談ください。

その為の情報や資料等は、ぜひ私たちノーマジーン&トゥエルヴコンシェルジがご案内せていただき、お手伝いさせていただきます。

どんな些細なことでもぜひご相談くだいさいませ。

 

結婚式場見学やフェア予約など、
一度のご相談でお二人にピッタリのスケジュールをご提案。
まずはお気軽にお問い合わせください。